あんなに小さかった二人がこんなに大きくなるとは

私には小学校5年生の息子がいます。姉にも小学校6年生の男の子がおり、産まれ月も9カ月差なので産まれた時からよく遊ばせていました。息子も甥っ子もギリギリの未熟児で二人とも2400g少しと小さく産まれました。けれど、二人とも順調に大きくなり兄弟のように育ちました。小さいころは良く実家で集まっていましたが、だんだん成長して最近ではそれぞれに習い事等があり、しょっちゅう会えるわけにはいかなくなりました。それに、以前は「○○ちゃん」「○○くん」とお互いを呼び合っていたのに昨年ごろから「そっち」とか「お前」とか言って名前を呼び合うのが恥ずかしい関係となっていました。思春期に差し掛かってきたのだなぁと見ていました。
先日、声変わり期の155センチの甥っ子と152センチの息子が並んでいて男性の体格になりつつ二人を見ていてしみじみと「あんなに小さかったのに、こんなに大きくなって時間が経つのって早いなぁ」と思ってしまいました。フリーローン カードローン 違い